会話スキルを身につけて解決する残業の問題

職能としてコミュニケーションが重要になるのが看護師や介護士の特徴です。病気で治療中の患者さんや、介護を必要としている人、あるいはその家族とのコミュニケーションを通してニーズを判断することが最も重要で、それに応じた看護を行っていくことが欠かないからです。そのため、必然的に仕事の時間の大半がコミュニケーションに取られることになります。

残業が多い職場で働いているときにはこのコミュニケーションスキルを見直してみると良いでしょう。残業をしないためには仕事の効率を高める必要があるため、会話スキルなどを高めることが大切です。会話をただ速やかに終わらせるというのでは十分ではなく、互いの必要な情報を知り満足を追求する必要があります。相手が伝えたいことを話しても、自身で意図を捉えることができなければ満足できません。聞き上手になって相手がどのようなことを伝えたいのかを適切に捉えることが重要です。

一方、話し上手になることも重要であり、自分が伝えなければならない話を適切に最小限の言葉で理解させることができなければなりません。日頃からコミュニケーションのスキルアップを行って会話スキルを身に付けるだけで、普段のコミュニケーションが円滑になり、自然に無駄な時間を使わなくて済むようになります。

このように残業をしないために行うスキルアップとして、会話のトレーニングを行ってみるのは良い方法です。看護師や介護士として働く上では一生もののスキルであり、どのような職場に行っても活用できるため、身に付けておいて損はないでしょう。