看護師の転職で残業の少ない求人の傾向

看護職や介護士など現在医療介護分野の求人は無数にあります。特に看護師が残業をしないために転職を図る場合は、基本的に診療時間や開所時間が予め決められた求人を選ぶ傾向が多いようです。さらの現在では少しでも人材を確保する為に看護師が働き易い環境を整える施設も増えており、残業がないあるいは残業が少ない求人も多数存在します。

まず、施設やサービス提供の時間が予め決められている看護求人には、どのようなものが多いのでしょうか。総合病院施設では外来や検査室・採血室など平日日勤のみの案件が典型的です。また、街の専門クリニックや個人診療所では診療時間及び休診日が固定され、パート雇用が多いこともあり、後片付け等はあってもそもそも残業自体の概念が存在しないのです。また、近年増加傾向にある訪問看護では、1日に何件など訪問スケジュールが決められている為、カルテの記入など事務的業務を効率的に熟せば残業も少ない傾向があります。

一方、人材需要が急速に高まりつつある介護分野ではどうでしょうか。特に全国各地に設置が目立つ通所のデイサービスは、開所時間が平日日中のみで、仕事内容は利用者の健康管理が中心である為、残業がほとんど無いのが現状です。また、訪問介護に関しては、訪問看護よりも事務的業務が少ない分、残業は限りなくないと言えるでしょう。

このように残業をしたくないと考えた際の転職では、施設やサービスの時間が限られた求人以外からも探すことができます。人材確保の為、看護師の労働環境に配慮した体制を組むところが増えており、施設の種類や雇用形態また夜勤有りなどの求人であっても残業がないあるいは残業が少ない場合も多数あるのです。